5S・改善

意外と難しいクリアデスク。止めてしまうのも一つの選択

クリアデスクとは、仕事が終わって帰る時に、自分の机の上をきれいに片付けて帰るというルールのことです。
クリーンデスクと呼ばれることもあります。

これは、見た目のきれいさを求めることもさることながら、情報セキュリティの観点から、会社が従業員に対して求めるルールでもあります。

事例

しかし、このクリアデスクルールというものは、なかなか守られません。
業務上、紙や書類を多く使う仕事であれば、なおさらうまくいきません。

一般的にこのようなルールは、お客様とのやり取りや、会議資料の作成といった業務と比べて重要度が低く見られるので、後回しになってしまうのです。

そういうときにはどうすればよいでしょう?

一つの方法は、簡単に片付けられるように配慮してあげることです。

例えば、とにかく机の中に書類を突っ込むことを許容したり(机の中の汚さは不問にする)、書類の収納ボックスを用意することです。

見た目のきれいさを追求するだけの目的で実施しているのであれば、クリアデスクというルールがそもそも当社に必要かどうかも見極めましょう。
守れないルールをいつまでも続けていると、「ルールを守らない」という状態が当たり前になり、その他の重要なルールも「守らなくてよい」という空気が醸成されるからです。

できないことはできないと見極めることも、5Sに必要な勇気です。

この記事に対するご質問・お問い合わせはこちら
株式会社クリエイション
兵庫県神戸市中央区多聞通4丁目4-13
078-371-8801
お問い合わせ・資料請求